必要となる戸籍等の取得

必要となる戸籍等の取得

戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍の取得はどうすればいいの?

 相続手続で必ず必要になる「戸籍謄本」、「除籍謄本」、「改製原戸籍謄本」の取得はどうすればいいので
しょうか?

1 戸籍謄本
  今現在本籍のある市区町村の役所に請求(本籍と筆頭者がわからないと請求できません)
2 除籍謄本
  除籍当時、本籍のあった市区町村の役所に請求(本籍と筆頭者がわからないと請求できません)
3 改製原戸籍謄本
  改製された当時、本籍のあった市区町村の役所に請求(本籍と筆頭者がわからないと請求できません)
 ※上記書類は遠方の市区町村であれば、郵送で申請することも可能です。

 また、これらの書類は相続関係を明確にするために必要不可欠な書類ですが、戸籍関係の書類は、取得してから新たに必要な書類がみつかることがあります。image008
 また、家族に知られたくないような事実が書類上に残っている事はよくあります。
 通常、これらの書類は直系卑属などの関係者でなければ取得できないのですが、行政書士等は、職務上請求する事が認められておりますので、どうぞご活用ください。