遺産分割協議の進め方

遺産分割協議の進め方

ご家族等がお亡くなりになりますと、被相続人(お亡くなりになられた方)の財産は相続人に相続されます。
その財産は、一旦相続人全員の共有財産となります。
そこで、その共有財産となったものを、各相続人に分配する必要が生じます。

遺産分割は、遺言がある場合には、被相続人が生前指定した「指定分割」に従います。
遺言がない場合は、相続人全員の協議による「協議分割」により行うことになります。

指定分割 被相続人が遺言によって指定した分割方法です。協議分割に優先します。
協議分割 相続人全員の協議により行う分割方法です。
全員の同意が必要で、一部の相続人を排除したりした場合は、協議は無効になります。
※なお、遺言による指定分割が優先されるのですが、相続人の協議により、遺言と異なる内容で協議がまとまった場合には協議分割が優先される場合があります。

実際の分割方法には以下のような方法があります。お持ちの資産によって使い分けることが大切でしょう。

現物分割 遺産そのものを現物で分ける方法です。
現物分割では、各相続人の相続分を均等に分けることはまず不可能です。どうしても、相続人の間で格差が発生することもあります。その際は、その差額分を金銭で支払うなどして、均衡を図ります。
換価分割 遺産全部を売却して、その現金を分割するという方法です。
子供は既に全員家を持っている場合など、被相続人が住んでいたマンションを売って分割する場合などです。
代償分割 遺産の現物(例えばマンションの1室)を1人が相続し、その取得者が、他の相続人に対し相続分相当を現金で支払うという方法です。
共有分割 遺産を相続人が共有で所有する方法です。
共有名義の不動産は、売却時などは共有者全員の同意が必要となります。

遺産分割協議がまとまったら、必ず遺産分割協議書を作成しましょう。
遺産分割協議書は相続の手続きにおいて何かと必要になります。
例えば、不動産や自動車の名義変更、預貯金を引き出す場合にも必要となるケースがあります。